ヨネックス埼玉オープン

ヨネックス埼玉オープンがアスカル幸手で開催されました。今年度は各チーム各カテゴリ1名ずつ(2年男子のみ制限なし)で、1都7県に限定され、さながら春の関東大会でした。

5/8(土) 女子トーナメント

青梅ジュニアからは4名エントリー。

6年「ななみ」は8決めで第1シードに当たる厳しい組み合わせでした。そして迎えた8決め、1ゲームを先取して好スタートしファイナルまで善戦しましたが敗戦。

5年「あき」は内シードに入っていましたが、小ヤマに強い選手が入っており注目の一戦でしたが、一歩及ばずで悔しい初戦敗退となりました。

4年「はな」はまだまだ力が及ばず大差を付けられての敗戦となりましたが、最近初心者クラスから合流したばかりで、今回は経験という事でこれからの伸びに期待です。

2年「ももか」の初戦は相手が泣いて中断するトラブルがあり、うまく自分のペースを作れず少し危うい展開だったものの、以降は持ち直し盤石プレーで堂々の優勝となりました。

優勝賞品はラケット+ラケバ!

5/9(日) 男子トーナメント

4年「けんた」のみエントリー。気温が高く入館前のアップも一苦労。

向かいのラジコンボート(農薬散布?)が気になりアップが進まず(笑)
館内のコロナ対策は万全でした

初戦、小ヤマの激闘を制して登ってきた相手が足を痛めておりラリーにならず勝利。次戦の8決めは強豪選手を相手にどこまで食らいつけるかが今日の課題でしたが、1ゲーム目は少し善戦できたものの2ゲーム目はボロボロの完敗。一学年上のクラスで戦うにはまだまだスピードもパワーも足りませんでした。

今後予定されている試合も開催されることを信じて出来ることをやっていきましょう。