全小

徳島県で全国小学生バドミントン選手権大会の本戦が開催され、青梅ジュニアからは関東大会を勝ち抜いた「やまあんり・ななみ」と「わたあんり・ゆうな」の2ペアが出場しました。

大会結果は4年生以下女子ダブルスで「わたあんり・ゆうな」が見事にベスト4という結果を残しました。全国の並み居る強豪たちを次々と撃破して勝ち進み、東京対決となった準決勝でも2ゲームとも接戦となりましたが惜しくも敗れてしまいました。

今大会の結果で全国トップのダブルスコンビという事が証明され、これからは全国から目標とされる存在となってきます。2年生の時からコンビを組み「わたあんり」の球際の強さと「ゆうな」のパワーから繰り出される強烈な攻撃が見事にマッチして今年3月の東京都ダブルス大会優勝を筆頭に一気に実力が伸びてきた印象があります。普段の練習中や各種大会時の他選手の試合観戦をしている姿勢が明らかに変わってきており常に真面目にバドミントンに取り組んでいます。その姿勢が結果に結びついたのではないでしょうか。

5年生以下ダブルスで出場した「やまあんり・ななみ」もお互いのテクニックの高さを発揮してフルセットまでもつれ込みましたが悔しい初戦敗退となりました。上級生の「やまあんり」が「ななみ」を引っ張り、それによってお互いがバランスよく実力を発揮でき最後まで元気を失わない素晴らしいコンビでした。「ななみ」も4年生ながら5年生以下のトーナメントで結果を残して、来年以降の成長が楽しみですし「やまあんり」も2年連続出場した全小に来年も必ず出るという強い気持ちを持って最後の1年を過ごしてもらいたいです。

来年も必ずこの大会に出場して今年以上の結果を残せるよう頑張りましょう!