東京都ジュニアダブルス大会 5年生以上(2/26)

2/26(日)は前日の4年生以下に続き、2016年度最後の大会である東京都ダブルス大会(5年生以上)でした。

6名(孝次・悠羽・翔太・光巧・明衣・優太)が出場しました。

結果は6年男子で孝次・翔太ペアが準優勝、5年男子で光巧・優太ペアがベスト8、6年女子の悠羽・明衣ペアは

初戦敗退でした。

各ペアの結果概要は下記の通り。

孝次・翔太・・・初戦イシバ ジャパン、準々決勝サザンウィングスと連勝し、準決勝で小平ジュニアペアと対戦

1ゲーム先取、2ゲーム目を取られましたが、ファイナルゲームで競り勝ちました。前日は2年生男子、女子共に

小平ジュニアペアに敗れて準優勝、3位となっていただけに、さすが孝次・翔太ペアといった感じです。

決勝は大会前の予想通り宝木塚の鴛海君・佐藤君ペアとの対戦、6年生の孝次にとっては最後に勝って卒業と

したかったもののストレートで敗れました。 (19-21,19-21)

ここは素直に宝木塚ペアの実力と勝利への執念を褒め称えたいと思います。

光巧・優太・・・初戦のイシバ ジャパン戦は快勝、準々決勝で小平ジュニアペアと対戦し1ゲーム取られた後に
2ゲーム目を取り返し、ファイナルゲームに持ち込みましたが20-22で惜敗しました。

この悔しさを忘れずに練習に取り組んでいきましょう。

悠羽・明衣・・・初戦敗退でしたが、悠羽の小学生最後の試合を5年生の明衣が精一杯のプレーで支援出来たと思います。
明衣にとっては久しぶりの大会でしたが、その頑張りは卒業する悠羽に充分伝わったと思います。

5年生の翔太、光巧、明衣はこれから最上級生として頑張っていきましょう。今日のプレーは応援に来た下級生にも

充分伝わった!?と思います。

6年生の孝次、悠羽はこれで卒業ですが、中学生になってもそれぞれの道で頑張って下さい。

2017年03月18日