クラブ対抗&チャレンジトーナメント(5年、6年)

8月上旬に福生中央体育館で行われたクラブ対抗戦と5年、6年のチャレンジトーナメントが途中で中断となり、続きが清瀬市で行われました。

クラブ対抗戦には女子チーム(杏梨・優奈・結万・朱哩)が決勝トーナメントに出場しました。

初戦でたなしMAXと対戦して惜しくも敗れましたが、団体戦の決勝トーナメントという貴重な舞台に立てたことは今後に向けての非常に大きな経験になった事と思います!

午後からはチャレンジトーナメントの準々決勝からが再開されました。

ここには惺・優太・驍・美優・志歩が出場しました。

結果は下記の通り

・惺 見事優勝!!!準決勝は優太との対戦となり、やり辛い部分もあったかもしれませんが勝ち抜き、決勝戦もセットカウント2-1という大接戦の中で勝ち切ったということは地力がついてきている証拠だと思います!管理人の印象としてはプレー毎の間の取り方が非常に良いなと感じました。次のプレーに入る前に自分の気持ちと呼吸を整えるかの様にゆっくりと間合いを取っている姿が印象に残っています!!

・優太 ベスト4!! 準決勝で惺との対戦となり、惜しくも敗れてしまいました。優太の左腕からの強烈なスマッシュは守備力の高い惺でも苦戦していました。屈指のスマッシュを持っているので自信を持ってビシビシ決められるよう更に練習していきましょう!

・驍 ベスト8!! 今大会準優勝の選手との対戦となり、最後まで必死に喰らいつきましたが、最後の最後で力尽きました。しかしながら粘りとネット際のプレーには目を見張るものもありますし、配球が上手いのでここの壁が破ることが出来れば、都内でも屈指の選手になれると思います!!

・美優 ベスト4!! 準々決勝で過去に対戦して敗れていた選手と再度試合をしましたが見事にリベンジを果たしました!!準決勝では全小予選ダブルスの準々決勝で敗れて全小出場が絶たれた因縁(?)の選手との対戦で惜しくも敗れてしまいました。相手選手の冷静なプレーに対して美優の得意とするスマッシュが要所で決まり、最後まで接戦となりましたが、経験の差が出たような内容でした。更に緊張感のある試合を積んでいき、勝てる選手になっていきましょう。

・志歩 ベスト4!! 準々決勝での接戦を制して準決勝でも格上の相手に1-2という本当に惜しい結果での敗退となりました。志歩には屈指のスピード力があり、コート内の隅から隅まで全力で走り抜く技術はすごいと思います。粘りも持っているプレーに更に磨きをかけて、パワーも付いてくれば最上級生となる来年は都内でも強豪選手として名前が通るのではないでしょうか。自分に自信を持って日々頑張っていきましょう!

どの選手も日々の厳しい練習に耐えている事から、この時期にきて技術が非常に伸びてきています。

皆がライバルという意識をもって、どの選手にも負けないよう頑張っていきましょう!

2018年10月17日