東京都チャレンジトーナメント1年生~4年生(7/14)

第2回東京都チャレンジトーナメントの1年生~4年生までの試合が開催されました。

以下、結果報告

【4年男子】
悠至・・・1回戦シード 2回戦2-0 3回戦2-0 準々決勝2-0 準決勝2-1 決勝2-1 優勝!!

璃久・・・1回戦シード 2回戦2-0 3回戦2-0 準々決勝2-0 準決勝2-0 決勝1-2 準優勝!!

曉・・・1回戦シード 2回戦2-0 3回戦2-0 準々決勝2-0 準決勝0-2

怜生・・・1回戦シード 2回戦2-0 3回戦2-0 準々決勝2-0 準決勝1-2

【4年女子】
杏哩・・・1回戦シード 2回戦2-0 準々決勝2-0 準決勝2-1 決勝1-2  準優勝!!

采子・・・1回戦2-0 2回戦2-0 準々決勝0-2

【3年女子】
杏梨・・・1回戦シード 2回戦2-0 準々決勝2-0 準決勝1-2

優奈・・・1回戦シード 2回戦2-0 準々決勝2-0 準決勝1-2

結万・・・1回戦2-0 2回戦0-2
【1年女子】
朱哩・・・1回戦シード 2回戦2-0 準々決勝2-0 準決勝0-2

4年男子は参加4名全員が準決勝に残るという漫画のような事が現実になりました。改めて層の厚さを実感、ハイレベルなライバルが傍にいるという技術向上にはもってこいの環境が今の青梅ジュニアにはあります。お互いがライバル心を持ち、その中で切磋琢磨していくことで黄金世代を作っていけるように思います。

4年女子は杏哩が決勝に進出して最後まで必死に喰らいつきましたが惜しくも準優勝でした。ガッツ溢れるプレーぶりは見ている側も感動を覚えました。采子も1回戦、2回戦は危なげなく流石の安定感抜群の試合運びを見せていました。準々決勝で敗退となりましたがプレーのスピードも実力は間違いなく向上しています。

3年女子は杏梨と優奈が準決勝に進出、2人とも1-2での惜敗となりました。実力的には決勝に進出した選手とも互角に渡り合っていましたが、ここぞの球際の強さにほんの少し差があったのかもしれません。結万も1回戦は危なげなく勝ちましたが、2回戦では根負けした感がありました。試合終了後の悔し涙を流したように悔しさを前面に出せるようになってきました。悔しさを糧に更に練習に励んでいきましょう。

2年女子は朱哩が準決勝まで駒を進めました。青梅ジュニアの上級生と同じ練習量をこなしているように体力もついてきていますし、明らかに技術も向上しています。このまま実力が伸びていけば世代でも屈指のプレーヤーになれる逸材だと思います。

今回の大会では東京都の強化選手は参加していませんが、結果として素晴らしい成績が残せたと思います。ただ松村監督も言っていたように、今回の大会での結果は通過点に過ぎず、全小予選突破して全国大会に出ることが目標となります。最終目標の全国大会を目指して、これから暑くなってきますが、歯を食いしばって努力をしていきましょう!

 

練習は嘘をつきません!!みんな頑張れ~~~~~!!!!!!

 

2018年08月08日